資源高とロシア経済

同じBRICsでも、中国は6割ほど、インドは4割ほど下落しています。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、原油や天然ガスなど資源を持つロシアは、やっぱり強いです。

今後のロシアの見通しについての記事があったので、ご紹介しま〜す。

(ここから)
サブプライムローン問題など影響から減速する米国を始めとした世界経済に比べ、資源高を追い風として日々その勢いを増すロシア経済についての記事が29日付の日経ヴェリタスに掲載されています。記事の中では高層ビルの建設が相次ぎ、高級品が飛ぶよう売れるロシアと、そんな光の部分に対して見える今後の課題が綴られています。

ロシア最大手の投資銀行、ルネサンス・キャピタルのアレクサンダー・プロコフスキー会長は、ロシア内外から投資家や金融関係者が集まる投資セミナーの冒頭でこう言い切りました。「株価が適正価格で評価されれば、ロシアの資源大手、ガスプロムの時価総額は世界最大になるだろう」。記事はこう続きます、「原油価格が1バレル130ドル台に跳ね上がったことで、ガスプロムや同じく資源大手のルークオイルなど、ロ
シアの石油関連企業の2008年の純利益は770億ドルと、06年の540億ドルに比べ4割以上も増加する見込み。ところが株価は2割程度しか上昇していない。この株価上昇はプーチン政権による炭化水素税の引き下げを織り込んだにすぎず、現在の原油水準を前提にすれば時価総額トップが妥当」。
(ここまで)

今月末から大証にロシアETFが上場されるので、ボーナスの一部をロシアETFに回してみても、いいかも〜。

ところで、『はねるのトびらスペシャル』で登場した、ぴかぴか(新しい)2億5千万円の37ctダイヤモンド原石ぴかぴか(新しい)(画像を見たい人はここをクリック)、こんなのネットで売ってるんですね揺れるハート 

びっくりちやいましたダッシュ(走り出すさま)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。