安藤証券もロシア株取扱開始

ロシア株、原油価格の下落やグルジア問題とともに、下ってますね〜。

どこまで下るかはわかりませんが、以前より安く買えるので、嬉しいですね。

そんな今、日本の証券会社でロシア株を取り扱う会社がまた増えましたよ〜。

それは、安藤証券。

9月10日から、インターネット取引「美らネット24」で、MICEX市場(e モスクワ銀行間通貨取引所)の40銘柄をルーブル建てでリアルタイムに取引できます。

システムの注文受付時間は、
夏時間:ロシア営業日の(日本時間)15時30分から 22時45分まで
冬時間:ロシア営業日の(日本時間)16時30分から 23時45分まで

入出金は日本円で、通常注文は指値注文のみで、成行注文はなく、逆指値注文は利用できるそうです。

売買委託手数料は、売買約定金額(ルーブル)の1.05%(税込)で、最低手数料が630ルーブル(税込)かかります。

取扱40銘柄はというと、

石油 ガス
・ガスプロム(GAZPROM)
・ルクオイル(Lukoil)
・ロスネフチ(Rosneft)
・スルグトネフチェガス(Surgutneftegas)
・ガスプロム・ネフチ(Gazprom Neft)
・タトネフチ(Tatneft)
・ノヴァテク(Novatek)

電力
・第3卸売電力(OGK-3)
・第5卸売電力(OGK-5)
・第1地域電力(TGK-1)
・第2地域電力(TGK-2)
・イルクーツクエネルゴ(Irkutskenergo)
・水力卸売電力(RusGidro)

金属 鉱業
・ノリリスク・ニッケル(Norilsk Nickel)
・セヴェルスタリ(Severstal)
・マグニトゴルスク製鉄(Magnitogorsk Iron & SteelWorks)
・ノヴォリペツク製鉄(Novolipetsk Steel)
・TMK(TMK)
・ポリュス・ゴールド(Polyus Gold)
・ポリメタル(Polymetal)
・ラスパドスカヤ石炭(Raspadskaya)

製造業
・アフトワズ(AvtoVAZ Incorporated)
・カマズ(KAMAZ Incorporated)

運輸
・アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot-Russian Airlines)
・UTエアー航空(UTAIR AVIATION)

化学
・アクロン(ACRON)
・ウラルカリー化学(Uralkali)

金融 不動産
・ズベルバンク(Sberbank)
・VTB(外貿銀行)(VTB Bank)
・ロスバンク(Rosbank)

通信 IT
・モバイル・テレシステムズ(Mobile TeleSystems)
・ロステレコム(Rostelecom)
・ウラル通信情報(Uralsvyazinform)
・ヴォルガテレコム(Volga Telecom)
・北西テレコム(North-West Telecom)

消費 小売
・セジモイ・コンチネント(The Seventh Continent)
・マグニト(Magnit)

サービス
・RBCインフォメーション・システムズ(RBC InformationSystems)

外国ETF
・FINAM・MICEXインデックスファンド(FINAM MICEX Index Fund)

です。

やっぱり、資源会社がおいしそう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。