東欧・ロシア株式ファンド リスク

ロシア・東欧ファンド、オリンピックが決まり、一段と注目されてますexclamation
今日は、東欧・ロシア株式ファンドの主なリスクについて書きますねるんるん


東欧・ロシア株式ファンド 特徴
東欧・ロシア株式ファンド 概要
も読んでおいて下さいね揺れるハート

ひらめき市場リスク
(価格変動リスク)
東欧・ロシア株式ファンドは、株式を実質的な主要投資対象としており、株式の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動するため、その影響を受けます。

(為替変動リスク)
東欧・ロシア株式ファンドは、実質的に外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けます。

ひらめき信用リスク
東欧・ロシア株式ファンドは、主要投資対象とする有価証券等またはその取引に係る信用リスクを伴います。信用リスクとは、有価証券等の発行者や取引先の経営・財務状況が悪化した場合またはそれが予想された場合に、当該有価証券等の価格が下落することやその価値がなくなること、または利払いや償還金の支払いが滞る等の債務が不履行となること等をいいます。

ひらめき流動性リスク
有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給がない場合や取引規制等により十分な流動性の下での取引を行えない、または取引が不可能となるリスクのことを流動性リスクといい、当ファンドはそのリスクを伴います。例えば、組み入れている株式の売却を十分な流動性の下で行えないときは、市場実勢から期待される価格で売却できない可能性があり、この場合には基準価額の下落要因となります。

ひらめき東欧・ロシア株式ファンドは、エマージング諸国の株式を実質的な主要投資対象としており、先進国の株式への投資を行う場合に比べ、投資対象国におけるクーデターや重大な政治体制の変更、資産凍結を含む重大な規制の導入、政府のデフォルト等の発生による影響を受ける可能性があり、市場・信用・流動性の各リスクが大きくなることがあります。

東欧・ロシア株式ファンドの取り扱いは、カブドットコム証券です。

資料及びお申込は、カブドットコム証券 ←クリックしてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。