東欧・ロシア株式ファンド リスク

ロシア・東欧ファンド、オリンピックが決まり、一段と注目されてますexclamation
今日は、東欧・ロシア株式ファンドの主なリスクについて書きますねるんるん


東欧・ロシア株式ファンド 特徴
東欧・ロシア株式ファンド 概要
も読んでおいて下さいね揺れるハート

ひらめき市場リスク
(価格変動リスク)
東欧・ロシア株式ファンドは、株式を実質的な主要投資対象としており、株式の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動するため、その影響を受けます。

(為替変動リスク)
東欧・ロシア株式ファンドは、実質的に外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けます。

ひらめき信用リスク
東欧・ロシア株式ファンドは、主要投資対象とする有価証券等またはその取引に係る信用リスクを伴います。信用リスクとは、有価証券等の発行者や取引先の経営・財務状況が悪化した場合またはそれが予想された場合に、当該有価証券等の価格が下落することやその価値がなくなること、または利払いや償還金の支払いが滞る等の債務が不履行となること等をいいます。

ひらめき流動性リスク
有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給がない場合や取引規制等により十分な流動性の下での取引を行えない、または取引が不可能となるリスクのことを流動性リスクといい、当ファンドはそのリスクを伴います。例えば、組み入れている株式の売却を十分な流動性の下で行えないときは、市場実勢から期待される価格で売却できない可能性があり、この場合には基準価額の下落要因となります。

ひらめき東欧・ロシア株式ファンドは、エマージング諸国の株式を実質的な主要投資対象としており、先進国の株式への投資を行う場合に比べ、投資対象国におけるクーデターや重大な政治体制の変更、資産凍結を含む重大な規制の導入、政府のデフォルト等の発生による影響を受ける可能性があり、市場・信用・流動性の各リスクが大きくなることがあります。

東欧・ロシア株式ファンドの取り扱いは、カブドットコム証券です。

資料及びお申込は、カブドットコム証券 ←クリックしてください。

東欧・ロシア株式ファンド 概要

ロシア・東欧ファンドに仲間入りする東欧・ロシア株式ファンド、前回は特色を書きましたが、今日は概要をお伝えしますねるんるん


ひらめき申込みの受付
原則として、いつでもお申込みができます。(受付時間は、原則、毎営業日の午後3時(半日営業日は午前11時)までです。)
ただし、オランダの祝祭日は、お申込みができません。

ひらめき申込価額
申込受付日の翌営業日の基準価額

ひらめき申込手数料
申込価額×3.15%(税抜 3%)を上限として販売会社が定める手数料率

ひらめき信託設定日
2005年8月31日

ひらめき換金の受付
原則として、いつでも換金の請求ができます。(受付時間は、原則、毎営業日の午後3時(半日営業日は午前11時)までです。)
ただし、オランダの祝祭日は、換金の請求はできません。
換金代金受取日は、原則として換金請求受付日から起算して5営業日目以降となります。
信託財産の資金管理を円滑に行うため、1億口または1億円以上の換金請求については正午(半日営業日は午前10時)までにお願いいたします。この際、換金請求に制限を設ける場合があります。
 
ひらめき換金価額
換金請求受付日の翌営業日の基準価額−信託財産留保額

ひらめき信託財産留保額
換金請求受付日の翌営業日の基準価額×0.3%

ひらめき信託期間
2015年10月19日まで
ただし、ファンドの残存口数が10億口を下回った場合等には、信託期間の途中で信託を終了させることがあります。

ひらめき決算および分配
原則として、年1回の決算時(10月19日、休業日の場合は翌営業日)に収益分配方針に基づき分配を行います。ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。
分配金再投資コース(累積投資コース)の場合、収益分配金は税金を差し引いた後、原則として再投資されます。

ひらめき信託報酬
純資産総額の年1.9425%(税抜 年1.85%)

東欧・ロシア株式ファンドの資料請求&申し込みは、カブドットコム証券へどうぞ揺れるハート

あ、東欧・ロシア株式ファンド 特徴も読んでねるんるん

東欧・ロシア株式ファンド 特色

ロシア・東欧ファンドとして、東欧・ロシア株式ファンドはいかがでしょうか?
ロシアのオリンピックが決まって、しばらく低迷していたこのファンドもやっぱりグッド(上向き矢印)上ってきてます。パンチ
これから楽しみかもるんるん わーい(嬉しい顔)
今日はまず、そんな東欧・ロシア株式ファンドの特色をお伝えしま〜す揺れるハート


主として今後高い成長が期待される、東欧諸国ならびにロシアの株式(預託証書(DR)を含みます。)等※に投資し、中長期的な信託財産の成長をめざします。

※預託証書(DR)とは、Depositary Receiptの略で、ある国の企業の株式を当該国外の市場で流通させるため、現地法に従い発行した代替証券です。株式と同様に証券取引所等で取引されます。
ニューヨーク証券取引所に上場されているADR(米国預託証書)や、ロンドン証券取引所に上場されているGDR(グローバル預託証書)などがあります。

(注)東欧諸国やロシアで事業展開を行う外国企業の株式にも投資することがあります。

東欧・ロシア株式ファンドの運用は「ファミリーファンド方式」により行い、「東欧・ロシア株式マザーファンド受益証券」への投資を通じて、東欧諸国ならびにロシアの株式等への実質的投資を行います。このほか、東欧・ロシア株式ファンドで直接投資を行う場合があります。

マザーファンドの運用にあたっては、東欧・ロシア株式運用に実績のある、ABN AMRO アセットマネジメント(オランダ)が担当します。

なお、ABN AMRO アセットマネジメントとは、オランダを本拠地とする欧州の有力銀行であるABN AMRO銀行の資産運用部門として1933年から業務開始。世界約30カ国に拠点を設け、グローバルに業務を展開しています。
2006年9月末現在、1,571人の従業員を擁し、運用残高は約29兆円にのぼります。
東欧・ロシア株式での運用残高は約892億円、10名の運用チームが運用を担当します(2006年10月末現在)。

次回、東欧・ロシア株式ファンドの概要をお伝えしますので、読んでね揺れるハート

なお、取り扱い証券会社は、カブドットコム証券です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。